JUMPアリツア中止でネット大荒れ!とびっ子はいったい何したの?

2019-05-22

ヘイジャン 2

デビュー以来、毎年続いてきたHey!Say!JUMPのアリーナツアー中止の発表に、ネットが騒然としています!

以前から、一部ファンによる度重なるマナー違反が問題視されているとびっ子ですが、事務所やメンバー自身からの警告を無視して暴走するファンに対しての最終警告ともとれる対応に、賞賛の声が上がっています。

JUMPだけでなく、他のジャニーズのグループでも同じようなことが起こって問題視されているだけに、今回の対応は苦渋の決断であると同時に、マナーの悪い一部のファンに対して、事務所が本気で取り組み出したことをアピールする狙いもあるのではないでしょうか。

ファン離れにもつながりかねない対応をせざるを得ないほどのマナー違反とは、いったいどのようなことが起きていたのでしょう。

 

\
スポンサードリンク

昨年のアリーナツアーで多発した銀テ略奪事件

JUMPの銀テは、デザインが可愛くて人気があります!

昨年のツアーでは2種類あって、裏面にも♡がプリントされていて、とびっ子はみんな欲しがっていました。

でも、この銀テをめぐる争奪戦がとびっ子の間で勃発。

しかも、あちらこちらで多数発生したため、問題になりました。

 

目撃情報をまとめると、2018年9月2日の公演の終わりに、一人の女の子が別の人に貰った銀テを、知らないおばさんに飛び乗られて首を絞められた上、奪い取られるという事件があったり、まだ8歳の女の子がアリーナで2人組の女子にお姉ちゃんと自分の分に取っていた銀テを脅し取られたりしたそう。

それ以外にも、アリーナの後ろの方の席の人が、銀テが飛び出た瞬間、走りだして争奪戦になるのを見た中島裕翔くんが「俺らより銀テかよ」ってがっかりしていたとか、もっとひどいのはLINELIVEで生配信していたなんていう情報もあがっています。

 

\
スポンサードリンク

危険な新幹線ホームでの出待ち

以前、キンプリのファンがメンバーの乗った新幹線に殺到し、発車が遅れるという事件が問題になりましたが、JUMPも昨年同じようなことが起きています。

東京駅で、新幹線を遅らせる迷惑行為が発生したのです。

ネットでの証言をまとめると、JUMPのメンバーが新潟公演を終え、新幹線で東京駅に到着したとたん、大量のとびっ子がホームに押し寄せて、とても危険な状態だったそう。

あっちこっちホームを走り回ったり、そもそも同じ車両に乗ろうと席のないとびっ子が押し寄せて、新潟駅から遅延したり、車両の中でもグリーン車の前にファンが群がっていたという証言もありました。

 

この件に関して、八乙女光くんが有料ブログ「ひかぺ」で苦言を呈したことから、一時話題になりましたが、結局は何も改善されなかったようです。

光くんが過激な一部のファンに向けて発信した内容は、「新潟からの帰りの東京駅マナーの悪い人が去年より多かった」「空港移動の時も多くメンバー全員悲しんでいる」「一般のお客さんに迷惑をかけている」「もし怪我なんてさせたら責任なんてとれない」「今後、このような事態が続くならライブの開催自体を考える必要がある」というもの。

 

すでに昨年から、アリツア自体の開催をどうするか、メンバーも悩んでいたのですね。

メンバーがマナーを守るように直接注意すること自体悲しいことですし、それすら聞く耳を持たないのであれば、もはやファンとは言えません。

事務所やメンバーも、これ以上一般の方に迷惑をかける訳にはいかないと、苦渋の決断に踏み切ったのでしょう。

 

\
スポンサードリンク

アリーナ周辺の住民からも苦情が殺到

 

一昨年は、横浜アリーナで行われたコンサートの4日間、周辺が無法地帯と化していた、と週刊誌に掲載されました。

住民の方々は「もうジャニーズは横アリに来るな!」と憤慨していたそうで、今後本当にコンサートが開催できなくなるかもしれないと伝えていました。

あまりのひどさに警察に通報

さらに住民を困らせたのが、交通ルールの無視だという。

「道路を好き勝手に行き来するものだから、車のクラクションが絶えず響いていました。ほかにも路肩に座り込んだり、路上で電話していたり。ちょっと注意しようものなら、うざそうな表情を浮かべてどくんですけど、すぐに違う子が座り込む。正直いって今まででいちばんマナーがひどかったです」(近隣の飲食店店員)

そしてジャニーズも注意していた“出待ち”行為は、住民にとっても大迷惑な話。JUMPメンバーは裏通りを使って会場を出るのだが、ひと目見ようとファンが関係者口前を占拠していた。

「それらしい車が出るたびに“ギャー”って、一斉に道路を走って何度も大移動ですよ。あまりのひどさに誰かが通報したんでしょう。何度か警察が来て“道を開けてください”と指導しても、すぐ群がっての繰り返し。もう(ジャニーズは横アリに)来てほしくないね」(近隣に住む男性)

公演が開催された4日間、近隣住民からいかほどの苦情やクレームが寄せられたのか。港北警察署に確認すると、

「コンサートに関しての特定はできませんが、駐車などの交通問題に関して寄せられていることは確かです。関連性に不透明なものもあるので具体的な件数は控えますが、“車や人が通りにくい”などの苦情が寄せられています。(実際に現場に出動、指導は)行っています」

この日、正式にテロ対策として正面入場口の警戒にあたっていた警察官だが、通報によって裏通りなどの巡回も余儀なくされたようだ。

会場を運営する株式会社横浜アリーナにも話を聞くと、

「“人が多すぎて何とかしてくれ”という連絡があり主催側に連絡しまして(主催提携の)警備が対応しています」

一向におさまらぬ出待ちに窮した警備スタッフからは、こんな警告がなされていた。

「このままでは今後、横浜アリーナでのコンサートはできなくなってしまいます。ほかのグループにも影響します」

ジャニーズがいう《開催中止勧告》も、あながち大げさなことではなさそうだ。

引用元:週刊プライム

 

まさかこの報道が現実になるなんて、この頃は思っていませんでしたが、それだけ事態が悪化しているということです。