納豆はタンパク質の含有量が多いってホント?筋肉にいい理由まとめ

納豆 その2

”大豆たんぱく質”という言葉は、皆さん耳にしたことがあると思います。

それと同時に、納豆にもタンパク質が多く含まれているという話は本当なのでしょうか?

納豆に含まれる栄養や、おすすめのダイエット方法と共に、詳しく見ていきましょう!

Sponsored Link

 

納豆にはタンパク質の含有量が多いってホント?

みなさん、納豆ってタンパク質が多いと思いますか?

大豆から作られてるんだし、なんとなく多いんじゃないかなぁと思いますよね。

そうです!大正解!!納豆にはタンパク質が非常に多く含まれているんです。

しかもたくさん食べなきゃいけない!なんてこともありません。

一度に食べる量は1パックで十分なんです。

そんな機能性抜群な納豆にはどんな成分が含まれているのでしょうか?

 

納豆に含まれる成分

まずは、納豆の基本的な成分がどのようなものか見ていきましょう。

 

img_main

 

img_08写真

引用:タカノフーズ株式会社

私たちが生きていくのには、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素というものが必要不可欠です。

上の図を見ていただければ分かるように、納豆1パック(40~50g)には、こんなにもバランスよく栄養が含まれているんです!

 

その他にも、食物繊維やナットウキナーゼ、レシチン、イソフラボン、大豆サポニン、大豆ペプチドなど多くの栄養素があります。

そのため、栄養バランスに困ったら納豆!!と言ってもいいくらい栄養満点の食品ですね。

 

続いては、その中でも納豆に含まれるタンパク質をさらに深く見ていきます。

 

納豆で効率よくタンパク質を摂取!

冒頭納豆

 

先ほどの図によると、納豆1パック当たりに含まれるタンパク質の量は、約7.4gでしたね。

このタンパク質の量は、肉や魚と比較すると劣っています。

しかし、納豆を食べる利点は他にあるのです!

 

①調理の必要がない

納豆は1パック1食分で、個包装されています。

パックをあけてすぐに食べられるので、そのまま食べればお皿もいりません。

 

②非常に経済的である

タンパク質を多く摂ろうと思った時、鶏肉をメインで食べる方が多いと思います。

しかし、毎日同じものではつまらない、、、

納豆も一緒に食べることで値段を抑えつつ、飽きの解消、満腹感も得ることができるのです。

スーパーのお買い得品なら、3パックで60円台のものもあるんですよ!

 

③ビタミンB6 が含まれている

ビタミンB6は、タンパク質の代謝に欠かせない成分です。

タンパク質をより効果的に摂取するためには、ビタミンB6を一緒に摂るのがおすすめです。

すでに含まれている納豆は、一石二鳥なんです!

 

ここまでで、納豆とはどんなものなのかということは、だいぶ分かったと思います。

続いては、「納豆を食べて筋トレをしていく」ことをメインに考えていきます。

 

Sponsored Link

納豆のタンパク質が筋肉にいいのはどうして?

写真2

納豆の原料である大豆からできている食品は、数多く存在しますが、なぜ納豆のタンパク質が筋肉にいいのでしょうか?

その理由は、吸収率にあります!

しかも他の大豆製品と比べても、タンパク質の吸収率が80%ととても高いんです!

ちなみに、大豆をつぶして作る豆腐は60%、炒ってそのまま食べる場合だと20%しか吸収されないので、納豆の凄さがよくわかりますね。

次に、納豆に含まれる植物性タンパク質は、筋肉の何に役立つのか見ていきます。

 

植物性タンパク質の役割

image3 - コピー

タンパク質には、大きく分けて2種類があります。

一つは動物性タンパク質、もう一つは植物性タンパク質です。

植物性タンパク質の特徴は、低脂質・低カロリーで油脂をほとんど含んでいない事です。

つまり、ダイエットしつつ筋トレをしたい人におすすめですね!

さらに、筋肉の減少を抑える働きもあるので、継続的に食べ続けたい食品です。

 

ですが、植物性タンパク質だけでは、必須アミノ酸という成分を補うことができません。

動物性タンパク質もバランスよく食事に取り入れてください。

続いて、タンパク質が体に与える影響について書いていきます。

 

筋肉とタンパク質の関係とは?

ダウンロード (3)

タンパク質は体に入ると筋肉、骨、血液の材料になり生きるうえで必要不可欠な栄養素です。

筋肉を作り出すためには、強い運動で刺激を与えて筋肉が分解され、そこに筋肉の材料となるタンパク質が吸収されるという一連の流れが必要です。

しかし、タンパク質が足りていない状態で運動を続けたり、過度な食事制限を行ったりすることで、体に必要な栄養が足りなくなり、体調不良を引き起こします。

 

タンパク質不足による不調は、筋力の減少たるみやむくみ集中力が低下したりイラついたりすることなどが挙げられます。

そうなってくると、トレーニングもはかどらず、体調も悪くなり、負の連鎖になってしまいます。

そんな悲しいことになる前に、納豆でタンパク質を食事の中にバランスよく取り入れ、健康な身体づくりをしていきましょう!

Sponsored Link

 

納豆はタンパク質の含有量が多いってホント?筋肉にいい理由まとめ

わら納豆

いかがでしたでしょうか?納豆に含まれる栄養を知ったことで、さらに納豆が魅力的に見えてきましたよね。

納豆には植物性のタンパク質が多く含まれているので、筋トレやダイエットをしている方はバランスよく取り入れて、健康的に理想の身体を作り上げていくのが効果的な方法だと思います。

納豆だけでもたくさんの栄養がありますが、それだけの生活はお勧めできません。

バランスよく食事をとる中に納豆をプラスすることで、納豆は最大の力を発揮してくれます。

 

お家にいる時間が増える今だからこそ、生活が乱れやすい時だからこそ、いつも以上に健康を意識して過ごしていきたいものです。

そして、健康な身体づくりの一歩として、納豆で栄養補給をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

納豆

Posted by pipiA