納豆の保存方法は冷凍がおすすめ!保存できる期間と正しい解凍方法は?

2020-04-05

納豆 3

納豆といえば、日本人の食事には欠かせない食品の一つですよね。

そんな納豆が冷凍できるってみなさんご存じですか?

一人暮らしだから3パック入りだと賞味期限内に食べきれなくてどうしよう!

長持ちする保存方法が知りたい!

なんて思ったことのある方も少なくないと思います。

そんな納豆のおすすめの保存方法である冷凍の方法、おすすめのレシピまで紹介していきたいと思います!

Sponsored Link

 

納豆の保存方法は冷凍がおすすめ

2納豆多い

常温だと1週間程度の賞味期限の納豆ですが、冷凍で保存することで長期保存が可能になるんです!

これならまとめ買いをしても安心して食べきることができますよね。

 

納豆は冷凍保存できる

冷凍した納豆は、1ヵ月も冷凍庫で保存することができるんです!

冷蔵の場合、日が経つにつれて風味が薄くなったり、食感が変わって少しシャリシャリとした感じになってきます。

しかし冷凍の場合は1か月以内であればほとんど味も食感も変わらないのです!

これは絶対に冷凍のほうがいいですよね!!

 

納豆の冷凍保存方法

じゃあ、納豆をあのパックのまま冷凍していいの?と思いますよね。

そうです!

あのパックのまま冷凍してしまっても大丈夫なんです。

でもさらに味や食感を落とさず食べたいという方は、ジップロックなどのなるべく密閉状態を作れるもので保存しましょう。

空気に触れさせないことで、さらに買った時の状態を長持ちすることができます。

続いては、冷凍した納豆の食べ方について書いていきます。

Sponsored Link

 

冷凍した納豆の正しい解凍方法は?

納豆 4

冷凍した納豆を食べ方で最もおすすめなのは、前日から冷蔵庫で解凍する方法です。

解凍は、ゆっくり冷蔵庫で解凍するのがおすすめです!

朝食に食べたいときは前日の夜に、夕食に食べたいときはその日の朝に冷蔵庫に入れておくのがベスト。

 

でも、急ぎで食べたいときはレンジでも解凍できます

レンジで解凍する場合は、中身が温かくなるほど熱してしまうと臭いがきつくなり、食感も悪いので注意が必要です。

レンジで解凍するなら、解凍モードを使うほうが良いかもしれませんね。

 

解凍した納豆を使ったレシピ

まとめ食べる

長く保存出ることが分かった納豆ですが、せっかくなら色々な料理に活用したいですよね!そこで、解凍した納豆のおすすめレシピを紹介したいと思います。

ケンミンショーなどで紹介されたこともある、山形の郷土料理『納豆汁』です。

 

材料 (4人分)

豆腐   1丁(2センチ角)

なめこ  1袋

こんにゃく1枚(5㎜幅)

納豆   2パック(袋に入れて好きな細かさに潰す)

味噌   適量

出汁の素 適量

刻みネギ   お好みの量

 

作り方

豆腐、納豆、ネギ以外の材料で味噌汁を作り、ひと煮立ちしたら火を止め納豆を入れて混ぜる。

そこに豆腐を加えて温まれば完成。

器に盛りつけ、刻みネギを添えてお召し上がりください。

Sponsored Link

 

納豆の保存方法は冷凍がおすすめ!まとめ

子どもには

いかがだったでしょうか?

納豆の保存方法は、解凍方法にさえ注意すれば冷凍で1ヶ月も保存ができるのです。

しかも納豆に含まれる納豆菌は、冷凍されても死滅せず眠っている状態なので、栄養価も落ちる心配はありません。

是非、みなさんも試してみてくださいね。

納豆

Posted by pipiA