世界に一つだけの花の売上枚数は?2020現在シングル累計歴代何位⁈

2020-04-13

世界に一つだけの花の売上枚数は?シングル累計歴代何位なんだろう

SMAPの名曲「世界に一つだけの花」の売上枚数って、2020年までで結局通算どのくらい売り上げたんでしょう?

シングル累計歴代何位なのかも気になります!

そこで、「世界に一つだけの花」の最新の売上枚数と歴代順位を調べてみました。

Sponsored Link

 

「世界に一つだけの花」2020現在の売上枚数は?

「世界に一つだけの花」のシングル売上枚数は、313.1万枚(2019年9月23日付・オリコン調べ)です。

シングルの累計売上で200万枚を突破したのは、オリコンの集計で2018年10月現在、本作が最後となっているそう。

ちなみに、出荷枚数に限ればAKBの「真夏のSounds good!」(2012年発売)が200万枚以上を突破しているそうですが、「世界に一つだけの花」は2016年11月下旬までに323万枚出荷されているそうです。

CDが売れない時代になって、このセールスは凄いですね!

Sponsored Link

 

「世界に一つだけの花」売上枚数は歴代何位?

「世界に一つだけの花」の売上枚数は、子門真人の「およげ!たいやきくん」(457万枚)、宮史郎とぴんからトリオの「女のみち」(325万枚)に次いで歴代第3位となっています。

2003年にアルバムからシングルカットされたこの曲は、SMAP自身にとってはもちろんですが、1980年以降、J-POP・CD・アルバムからのシングルカットされた曲、ジャニーズ事務所所属アーティスト等のジャンルで歴代第1位となります。

時が経ち、SMAP分裂・解散報道が持ち上がった際に解散を阻止したいファンの間で「世界に一つだけの花」の購買を呼びかける運動がなされ、売上が急増したニュースは記憶に新しいところですが、結局そのおかげでサザンオールスターズの「TUNAMI」(293.6万枚)を超えたことで、1980年代以降での最高売上枚数を更新したことになります。

Sponsored Link

 

「世界に一つだけの花」売上枚数は?まとめ

「世界に一つだけの花」の売上枚数についてみてきましたが、いかがでしたか?

SMAPの代表曲「世界に一つだけの花」は、今では教科書にも載るほどの名曲です。

そう考えると納得の売上枚数ですし、今後この売上枚数を超えるような名曲が出てくることがあるのか、と思ってしまいますね。

きっと、ずっと歌い継がれて行くことになるのでしょうね!