重岡大毅の言う多部未華子とのええ感じのシーンはいつ訪れるのか?

2019-08-03

NHK総合ドラマ10『これは経費で落ちません!』(毎週金曜 午後10時~)に、ジャニーズWESTの重岡大毅くんが出演中です。

このドラマは、多部未華子演じる森若沙名子を主人公に、領収書や請求書から見える社員たちの人間模様を描くお仕事ドラマということですが、沙名子と関わるうちに好きになってしまった、重岡大毅演じる山田太陽との恋愛模様も繰り広げられるとのこと。

重岡くんは、「笑顔がまぶしい好青年の役にプレッシャーを感じながら、森若さんとええ感じのシーンもええ感じでやっていけたら」と話していたそうですが、いったいええ感じのシーンはいつ頃訪れるのでしょうか。

気になりませんか?

 

\
スポンサードリンク

『これは経費で落ちません!』ってどんなドラマ?

 

石鹸メーカーの経理部に勤めるアラサー独身女子・森若沙名子は、貸借対照表のごとく、「何事にもイーブンに生きる」をモットーに、回ってくる領収書や請求書をチェックする。それぞれの伝票には、金額や最低限の事由しか書かれていない。だが、よくよく精査すると、そこにはこの経費に関わった人々の怪しい事実や、はたまた悩める人生まで見えてくる──。

本当は「余計なものは追いたくない」、だけど「公私混同は見過ごせない」森若沙名子が、ヒラの経理女子として、大きな不正事件とまではいかないものの、様々な小ズルい者たちにどうアプローチし、いかにイーブンな関係にするのか? 恋に奥手な経理女子と彼女が見つけるワケありの人間模様をコミカルに描く、新時代ならではのオフィスドラマ!

引用:NHK-PR

 

重岡大毅くんが演じるのは、営業部の若手エース・山田太陽。

恋に奥手な森若に次第に惹かれ、冷たい態度にもめげずにアタックする、その名の通り明るいキャラクターの太陽ですが、役と自身の共通点を聞かれ、こう答えています。

「僕は明るい役をやらせてもらうことが多いんですけど、普段は社交性がないし、根暗というか、明るくもない。森若さんにシャッターをガンと閉められたら(太陽のようには)いけないなと思う。だからすごいなと思いながら演じています。」

 

\
スポンサードリンク

試写会での重岡大毅と多部未華子のコメント

 

7月12日に行われた試写会には重岡くんと多部さん、そして経理部長役で出演している吹越満さんが出席しました。

会見では、社交辞令いっさいなしの未華子節が炸裂。

初共演の重岡くんに対しては、「どう思われているのか、あまりおしゃべりしたこともないから」という言葉をうけて、「だから、特にない。」とばっさり。

「何をしゃべっていいのかわからない、若い子に。話題もないですしね。」と言われてしまった重岡くんは、「ナチュラルに壁ありますよね。劇中と一緒です。」と寂しそうでした。

 

 

重岡大毅と多部未華子の恋のゆくえ ネタバレ

\
スポンサードリンク

 

重岡くんの言う、ええ感じのシーン。

見たいような、見たくないような複雑な気持ちですが、森若さんに惹かれどんなに素っ気なくされてもどんどんアタックしていく太陽くんの恋は上手くいってほしいですね。

物語の中の二人の恋愛はどうなっていくのか、胸キュンシーンを拾い出してみたいと思います。

第1話

 

第2話