藤島ジュリー景子は金八先生に出演していた!役柄や演技力は?画像あり

2020-03-18

マーガレット

ジャニーさん亡き後、ジャニーズ事務所の新社長となった藤島ジュリー景子氏。

そのジュリーさんが若い頃子役として活動していて、金八先生にも出演していたということを覚えているでしょうか?

今大注目の藤島ジュリー景子氏の金八先生出演時の役柄や演技力などについてまとめてみたいと思います。

Sponsored Link

 

藤島ジュリー景子は若い頃金八先生に出演していた!

そうなんです。

藤島ジュリー景子さんはかつて子役として活動されていた時期があります。

デビューは6歳の時だそうで、金八先生に出演当時は13歳。

1979年~1980年、ドラマ『3年B組金八先生』の第1シーズンと第2シーズンに出演していました。

ちょうど、後に「たのきんトリオ」として爆発的に人気を得ることになる田原俊彦や野村義男、近藤真彦のジャニーズや、杉田かおる、鶴見辰吾などが出演していたシーズンで、記憶に残っている方も多いかもしれません。

 

金八先生にはどんな役で出演していたの?画像あり

 

金八先生には3年B組の生徒、越智はるみ役で出演していました。

ドラマの中で、ジュリーさんが流暢な英語を披露しています。

 

ジュリーさんがメインとなったのは第8話。

「子供の喧嘩に親が」と題されたお話で、ジュリーさん演じる越智はるみが、得意の英語のテストで悪い点をとってしまい、そのことを指摘した同級生の顔をたたいてしまったことを、自分の母親に自分に非があったことをいうことが出来ずに追い詰められ、学校から飛び降りようとする、という内容でした。

 

かなりの熱演で、金八先生が落ち込むはるみに対し「せっかくの平安美人が台無しじゃないか」と励ましたシーンは、リアルタイムで観ていた筆者の記憶には、あー、あの子か…と、なんとなく残っています。

 

金八先生以外の出演歴はある?

ジュリーさんはその他にも、

1977年 『小さなスーパーマン ガンバロン』

1981年 『名犬ゴローの愛』

などに出演されていたようです。

Sponsored Link

 

藤島ジュリー景子の演技力は?

ジュリーさんの演技力に関しては、正直微妙な印象ですね。

今は、子役といっても非常に演技力の高い子役が多いので、目が肥えてしまっているせいもあるかもしれませんが…w

当時としても、そんなに上手な方ではなかったように思います。

ただ、金八先生に出演していた生徒役の中には非常にいい演技をする俳優さんたちもいて、後々活躍されている方もたくさんいるので、今振り返ってみてみるのも面白いかもしれませんね!

あ、この人も出てたのか!

という発見があって、楽しいです。

Sponsored Link

 

藤島ジュリー景子は金八先生に出演していた!まとめ

ジャニーズ事務所の新社長・藤島ジュリー景子さんは、若い頃金八先生に生徒役で出演していたんですね。

今の若い人たちは、知らない情報だったのではないか、と思います。

自分の芸能活動の経験が、今のジュリーさんの活動にも少なからずいい影響をもたらしているのではないでしょうか。

これからも、若いタレントさんをたくさん育てて、ジャニーさんの残した功績を引き継いでいってほしいですね!