家売る女2019最終回へGO!高評価だった第9話あらすじと感想

2019-03-12

家売るオンナ

2019年3月6日放送の家売るオンナの逆襲、第9話。

みなさんご覧になりましたか?

私、リアタイで見れなかったんで、日テレの見逃し配信で観てみましたよ!

最終回直前ということで、期待通りのおもしろさでした。

残念ながらまだ観てない方も、これを読めば内容がだいたい分かるように、あらすじと視聴した私の勝手な感想をお届けしますね。

 

\
スポンサードリンク

家売るオンナの逆襲第9話あらすじ

万智(北川景子)は母(松金よね子)と同居するための家を探す独身女性・馬場礼子(酒井若菜)を担当。

庭野(工藤阿須加)は古い家をリノベ-ションして売るため、施工業者の仲良し社員・真壁(入江甚儀)と協力する。

そして足立(千葉雄大)は家を売るため偶然留守堂(松田翔太)と協力することに。

そんな中、万智が庭野と真壁のリノベ物件をリノベし直して自分が売ると宣言!さらに今夜、孤独な留守堂の万智への愛が爆発する。

日テレオンデマンドより引用

 

\
スポンサードリンク

今回のみどころと感想

もうしょっぱなっから見どころ満載の第9話www

 

冒頭のサンチ―と屋代課長の休日デートでのみどころはやはり、仲村トオルのあの赤いスーツ!!でしょう。

あのスーツを着こなせるなんて!

やっぱ、トオルちゃんはいくつになってもかっこいいよね。

それをみたサンチ―の、「ステキです」「それを言うならブラッドピットで」

サンチ―、屋代課長にべたぼれじゃーんって思わず突っ込んでしまいましたよw

 

あと、休日出勤の足立王子と庭野のふたり。

職場でビール!とか、やってみたい!

憧れるわぁw

 

そしてそこからの~~~、白洲美香登場www

毎度毎度の頭のでっかいリボン。

あれはなんだい?白洲美香(笑)

で、結局お似合いの宅間さんのもとへ。

また結婚すればいいのに。

 

個人的には、ちちんぷいぷいのココロちゃんがツボ!

屋代ちゃんがぷいぷいしてもらいたくなる気持ち、わかる気がする。

あのココロちゃんにだから、話せることもあるんだよね~www

 

あと、ちちんぷいぷいにサンチ―が焼きそばの作り方を特訓しに来た時。

べちゃっとした焼きそばと、サンチ―の作ったパリッとした焼きそばが、画面で伝わるのってすごい!

見た目でわかるもんなんだなーって感心しちゃいました。

まあ、パリッと作る方が難しいんだけど、ココロちゃんのべちゃっとした焼きそばも食べてみたいよね。

 

今回は、テーコー不動産のそれぞれがキャラを活かした家の売り方をしていておもしろかったし、久しぶりに足立王子キャラ復活って感じでよかった。

あとは、留守堂の心の闇…

最終回で決着がつくのか、注目ですね。

 

最終回の内容は?

\
スポンサードリンク

バー・ちちんぷいぷいの入っているビルの取り壊しが決まり立ち退きを迫られたと、こころ(臼田あさ美)が屋代(仲村トオル)を頼って新宿営業所に押しかける。何とか店を救おうと、屋代はビルの空きテナントを埋めて、建物の価値を高めた上でビル一棟売却をしようとビルオーナーに提案。営業課一丸となって空きだらけのテナントを埋めるために奔走する。

ビルの一棟売却が軌道に乗り始めた矢先、会社の上層部から屋代にビルの案件から手を引くようにとお達しが出る。なんとビルの建て替えは本社が極秘で再開発を進めていた案件だったのだ。組織の一員として、ビルの売却を諦めようとする屋代に、万智は「そのビルはわたしが売ります」と宣言!天才的不動産屋・三軒家万智が進退をかけて思い描くビル一棟売却感動のシナリオとは一体⁉

日テレ公式ページより引用

最終回には、舘ひろしさんも出演されるとのこと。

仲村トオルとの共演と言えば、あぶデカ世代の私にはたまりませんな!

あぶデカパロディー、やってくれないかなぁwww

とにかく舘さんが出演ってことで、とっても楽しみです。

 

まとめ

\
スポンサードリンク

いよいよ次回が最終回。

サンチ―の不自然さがくせになる、毎回ウルっとさせられる大好きなドラマです。

決め台詞も、GO!も聞けなくなるのは、やっぱり寂しいな…

このドラマは、きれいな北川景子ちゃんのイメージを覆す代表作といっても過言じゃないよね。

 

みなさんも、家売るオンナの逆襲最終回、見てくださいね。